下のテキストエリアに適当なひらがな、漢字、URLなどの文字列を入力してボタンを押すと、さまざまな文字列変換を行う。 エンコードされたURLのクエリー文字列などを一発で変換できる。デフォルトでは改行の削除を自動的に行うが、削除されたくない場合はチェックボックスのチェックを外す。

改行を削除
入力文字
urldecode×2
(PHP)
urldecode
(PHP)
urlencode
(PHP)
encodeURIComponent
(JavaScript)
decodeURIComponent
(JavaScript)
UTF-8⇒数値参照
(10進数)
数値参照⇒UTF-8
(10進数)
BASE64
md5
sha1

メモ

代表的な実体参照(文字参照)

表示ソース意味
    ノーブレークスペース
< &lt; 小なり、littler than
> &gt; 大なり、greater than
& &amp; アンド、アンパサンド、ampersand
" &quot; ダブルクォーテーション、二重引用符
' &apos; アポストロフィ、シングルクォーテーション、引用符
© &copy; コピーライト、まるC、著作表記
® &reg; 登録商標、まるR、レジストレーションサイン
½ &frac12; 1/2、2分の1

代表的な数値参照

環境依存文字とか

表示ソース意味
&#8451; 温度の摂氏
&#13217; 平方メートル

代表的なパーセントエンコード

http://に含まれる、/(スラッシュ)の%2Fと:(コロン)の%3Aは良く出てくるので、覚えてしまったもの。最近は手打ちが多くなってしまったかもしれない。

表示パーセントエンコード備考
/ %2F  
: %3A  
= %3D  
? %3F  

コマンドでmd5

echoコマンドでmd5sumに渡せばいいが-nオプションを付け忘れると改行文字も含まれてしまうので注意。

$ echo -n '文字列' | md5sum